こぶ牛の革って?

レイクシャイニー

 

こぶ牛の革

 

こんにちは。

店頭担当の浜辺です。

 

今日は、こぶ牛の革についてお話したいと思います。

最初の画像は、レイクシャイニーです。

寿屋で扱っている商品にも、こぶ牛が何点かあります。

 

レイクシャイニー

パンサー

ピスコ

 

などがそうです。

 

 

 

コブウシ瘤牛)とは、家畜牛の一種で

ゼビュー(ゼブー)、ゼビュー牛などとも呼ばれています。

南アジアで家畜化された家畜牛の系統で

下の画像のように、首から肩にかけて大きなこぶがあります。

 

kobuusi_01

 

 

 

このこぶは胸椎の棘突起(きょくとっき)が高くのびて、

その上に菱形筋(りょうけいきん)がかぶさったもの。

栄養状態の良い牛になると、この部分に多量の脂肪が蓄えられているそうです。

暑さに強くて熱帯性の風土病にもかかりにくい牛です。

 

 

また、牛のわりには小さめの体で、肌のキメが細かくて

繊維が締まっているのが特徴ですね。

寿屋で扱っている こぶ牛は、バングラデシュ産となります。

 

 

こぶが大きいと

下の画像より、もっと大きい穴があいていることもあります。

逆に、こぶが小さいと

穴があいていない場合もあります。

画像はすべて、1頭分の丸革(上が頭側、下がお尻側)です。

 

パンサー

 

上の画像は、パンサー

 

下の画像は、ピスコ です。

 

 

 

私自身も寿屋で働くまでは、こぶ牛の存在は知りませんでした。

牛の種類も、色々あるんですね~!

こぶ牛の革は、お求めやすい価格ですので

商品ページもぜひご覧くださいませ。

ご質問等ございましたら、お気軽にどうぞ。